シークレットブーツについて

シークレットスニーカーと普通のスニーカー何が違う?徹底検証しました。

シークレットスニーカーとは、シークレットブーツのスニーカーver.です。
シークレットブーツは進化していて、普通のスニーカーやビジネスシューズと見た目は変わらず、インソールで身長をアップさせてくれます。

それでも、シークレットブーツに対してバレそう、ダサそうというイメージがあると思います。

今回は、実際のシークレットスニーカーと普通のスニーカーを比較して、最新のシークレットブーツ情報についてお伝えします。

シークレットスニーカーと普通のスニーカーを徹底検証。

普通のスニーカー(NIKE エア フォース 1)

シークレットスニーカー(arcanalt商品)

一番シークレットブーツとバレやすいと感じるのは横側ではないでしょうか?
しかし、ナイキのスニーカーと比較してもシークレットスニーカーだとはわからないと思います。

ソールの高さを比較してみると、

普通のスニーカー
(NIKE エア フォース1)
シークレットスニーカー
(arcanalt商品)
ソールの高さ
4㎝
2.5cm

スニーカーを履いている時に見えるソールの高さとしては、シークレットスニーカーの方が2.5㎝と低く身長を高くさせているとは誰にも気づかれません。
ちなみに、こちらのシークレットスニーカーは6㎝アップすることができます。

このように、最近のシークレットスニーカーは見たらすぐにわかるというものではなく、スニーカーの1つとしてファッションに取り入れることができます。

スニーカーの場合、スタイルアップはできませんが、シークレットスニーカーであればファッションとしてだけでなくスタイルアップもすることができるので、是非取り入れていただきたいアイテムです。

特にバレにくいのに歩きやすいシューズがプラットフォームシューズ

シークレットスニーカーは基本プラットフォームシューズとなっています。

プラットフォームシューズはソールが地面と平行になったタイプのシューズのことを言います。

プラットフォームシューズがバレにくい理由とは?

プラットフォームシューズには、少し厚みがあるソールがあります。
スニーカーはソールに空気を入れているものがあったり、ソールが4㎝くらいと分厚くなっています。

そのため、プラットフォームシューズなら、自分の元々の身長を知っている人の前で履いたとしても
プラットフォームシューズを履いているから今日は身長が高いのかな?」と思わせることができます。
あえて見た目のソールが少し高いシークレットスニーカーを選ぶことで、身長がいきなり高くなったと思わせずに、スタイルアップさせることが可能となります。

arcanaltでは、ソールの高さを「かかとの高さ」として各商品ページに記載しております。
ソールの高さに注目してシークレットスニーカーを選ぶこともおすすめです。

プラットフォームシューズが歩きやすい理由とは?

女性の場合でも、ピンヒールよりは厚底の方が身長もアップさせられて歩きやすくなっています。
つまり、プラットフォーム=安定感があって歩きやすいということです。

また、プラットフォームは、シークレットブーツをより歩きやすい構造に作るためにはもってこいのデザインなのです。

高低差比較

シークレットブーツのインソールはつま先からかかとにかけて傾斜がついたデザインとなっています。

ですが、プラットフォームシューズはつま先もかかとの高さと同じだけ上がっているので、傾斜が緩くなり、高低差を最小限に抑えられます。

男性からすると、インソールに傾斜があることに抵抗感がありますが、女性のヒールのように不安定なものではなく、インソールで足裏全体を支えられているため、少し歩けばすぐに慣れて普段通りにご利用いただくことが可能です。

シークレットスニーカーは自然にスタイルアップできるアイテム

普通のスニーカーと変わらない見た目で、インソールが入っているためシークレットスニーカーは自然なスタイルアップを目指せるアイテムです。

シークレットスニーカーのインソールの高さは商品によって異なりますが、始めは6㎝~7.5㎝アップくらいの商品とすることで、周りから違和感を持たれることなく、スタイルアップさせることができます。

スニーカーを選ぶように、シークレットスニーカーを選んでスタイルアップも同時に手に入れてみてください。

-シークレットブーツについて

© 2021 シークレットブーツ専門店 arcanalt Staff Blog