シークレットブーツについて

シークレットブーツの履き心地を検証。歩きにくい?斜め?

シークレットブーツに興味あるけど、履いたことないという方は、どんな履き心地なのか気になりますよね。

  • インソールが斜めになってるからつま先に負荷がかかるのでは?
  • 歩きにくそう。
  • フィット感はなさそう。

などのイメージがある方もいると思います。

そこで今回は、シークレットブーツの実際の履き心地についてご紹介していきます。

シークレットブーツの履き心地は普通の靴と変わらない!?

実はシークレットブーツの履き心地は普通の靴とあまり変わらないといっても過言ではありません。

こちらの画像は、6.5㎝アップできるシークレットブーツのスニーカーです。

こちらを着用してみて、

  • 6.5㎝させるためにインソールが斜めになっている感じはゼロ
  • クッション性があってフィット感がある
  • 歩いてても違和感ない
  • 歩きにくさも無し

と感じました。

びっくりするくらい普通のスニーカーと履き心地に違いがありませんでした。

シークレットブーツのインソールの傾斜は、実際には履いてみるとあまり感じるものではありません。
「斜めになってる????」という感じで履くことができました。

もちろん、フィット感というのはスニーカーだから。ということはあります。
レザーシューズやブーツに関しては、フィット感はありません。
しかし、これはシークレットブーツでない普通のレザーシューズやブーツも同じことですよね。

シークレットブーツを履いて慣れてしまうと、視界の変化も感じなくなってしまうと思いますが、裸足になると「あれ?こんなに身長が違う?」と感じてもらえると思います。

シークレットブーツによる身長の変化は誰も気が付かない。

シークレットブーツを履くと確実に身長を伸ばすことができます。
しかし、それを誰も気が付きませんし、自分さえ気になりません。

シークレットブーツを購入後は、鏡の前で試し履きをしてみると全然違う高さになれるので、そこで身長の変化は感じてもらえると思います。
ただ、街中で普通に歩いている時に、「今、自分はシークレットブーツを履いて高くなっているぞ。」という感覚は無くなり、普通の靴で外出することと同じで、良い意味で靴に対する意識は無くなります。

よくシークレットブーツを履くことは恥ずかしいと感じるというお話をいただきますが、実際は普通の靴で歩いているのと変わりありませんし、誰も気が付きません。

気付くとしたら、身長差のあまりないカップルくらいでしょう。
いつもは目線が合っているのに、今日は少し高いというところで違和感を感じられる可能性はあります。
しかし、それ以外の人は身長が6~8㎝変わったところで誰も気が付きません。

人の目が気になるという方でも、シークレットブーツを一度履いてみたら自分さえ気にならなかったということになると思います。

シークレットブーツ初心者は素材と重さに注目して!

シークレットブーツは、ほぼ普通の靴と変わらず着用していただけますが、シークレットブーツを履いたことのない初心者の方は素材と重さに注目して選んでいただくことをおすすめします。

素材は柔らかいものを。

シークレットブーツでなくても、スニーカーとレザーシューズ・革靴では、スニーカーの方が履きやすく楽だと思います。
同じようにシークレットブーツを選ぶ際もレザーシューズや革靴よりもスニーカーを選んだ方が楽に履くことができます。

また、革を使ったスニーカーよりもメッシュ素材の方が柔らかく履き心地も良くなります。

シークレットブーツを初めて履く方は、全面メッシュ素材を使ったスニーカーを選ぶことで、違和感なく履き始めることができます。

先程ご紹介した画像のシークレットブーツも全面メッシュ素材を使ったスニーカーです。

また、こちらのシークレットブーツはアウトソールも分厚めのゴムなのでクッション性もあり、シークレットブーツとは感じられないほどの歩きやすさとなっています。

こちらの商品が気になる方はシークレットブーツ専門店arcanaltへ

重さは400g以下がおすすめ。

シークレットブーツでなくても、重い靴を履けば疲れます。

デザイン性を求めると人によっては重ためのシークレットブーツを選んでしまいがちですが、購入前に重さもチェックしておくことで、軽くて履き心地のいいシークレットブーツを選ぶことができます。

重さのおすすめは400g以下です。
400g以下のシークレットブーツは、とても軽く長時間歩いていても疲れません。

arcanaltでは、商品ページに重量を記載しております。↓↓↓↓

画像の赤枠で囲った部分に重量を記載しておりますので、400g以下のシークレットブーツを探してみてください。

靴が重いと長時間歩くと疲れてしまいますし、普段運動していないと筋肉痛になってしまうこともあります。
普段から重めの靴を履いているという方ならお好きな重量でもいいかもしれませんが、普段スニーカーを履く率が高いという方は、重量が軽めのシークレットブーツがおすすめです。

シークレットブーツのサイズは最悪中敷きと靴紐で何とかなる!

シークレットブーツを購入する前にサイズで悩まれる方が沢山いらっしゃいます。

arcanaltで取り扱っているシークレットブーツは海外製なので、日本人の足のサイズと比べると比較的大きめに作られていることがあります。
そのため、普段の靴のサイズでシークレットブーツを購入してしまうとつま先に空間があいてしまうこともあるかもしれません。

しかし、きつい場合はどうにもなりませんが、大きい場合は何とでもなります!

靴紐タイプのシークレットブーツを選んでいれば靴紐をきつく結べば、大きさはあまり気になりませんし、中敷きを入れれば大きさは緩和できます。

arcanaltでシークレットブーツを購入する際は、普段の靴のサイズと同じものを購入しておけば間違いないということです。

海外製のためシークレットブーツによっては、少し大きめに作られていることもありますが、ぴったりサイズということもあります。
少し大きめであれば中敷きか靴紐で何とかなります。

arcanaltのシークレットブーツは店舗などがないため、試着してから購入することはできません。
ですが、普段の靴と同じサイズで購入いただければ、中敷きや靴紐を駆使するかもしれませんが履くことはできます。

シークレットブーツだと気負わずに、シークレットブーツを普段の靴と同じように購入して履いていただけます。

arcanaltのシークレットブーツはこちらから

こちらの記事もおすすめ

⇒シークレットブーツの仕組みってどうなってるの?徹底解説!

⇒シークレットブーツの不自然さを解消するには?ポイント解説

⇒背が低い悩みは男性ならシークレットシューズで解決できる!

-シークレットブーツについて

© 2022 シークレットブーツ専門店 arcanalt