シークレットブーツについて

シークレットブーツは痛い?解決法はある?

シークレットブーツを履くと痛い?

シークレットブーツは履くだけで身長が高くなる夢のアイテムですが、「履き心地」に不安を覚える方は多いようです。
「シークレットブーツを履くと足が痛くならないの?」という疑問を持たれる方も。

シークレットブーツに限ったことではありませんが、買った靴を何の問題もなく履き続けられることもいれば、履いている靴のせいで足が痛くなることもありますよね。
普通の靴とは少し違った作りや特徴を持つシークレットブーツなら、なおさら心配になると思います。

この記事では、シークレットブーツを履いて足が痛くなるのはどんな場合があるのか、またどうすれば解消できるのかをご紹介したいと思います。

 

シークレットブーツが痛いと感じる原因

シークレットブーツを履いていて痛いと感じる場合にはどんなものがあるのか、3つに分けて考えてみました。

靴擦れ

普通の靴でも、新しい靴や履き慣れていない靴を履くと靴擦れを起こして痛くなることがありますよね。

シークレットブーツはインソールが入っている分、靴底の位置が高く、ものによってはかかとの位置が普段とは違う位置にくることがあります。
スニーカーなどクッション性のある柔らかい素材であれば大丈夫だと思いますが、ビジネスシューズなどの革靴の場合は靴擦れを起こしやすくなってしまうかもしれません。

解決策は?

試し履きをしてみて、「かかとの位置がちょっと悪いな、靴擦れしそうだな……」などと感じたら、あらかじめ絆創膏やテーピングを貼って保護してから履きましょう!
その上から靴下を履けば、靴擦れする可能性はかなり抑えられます。

また、初めて履くときはあまり長時間履かないようにしましょう。
遠出する日にいきなり下ろしたら、もし靴擦れしてしまったときに辛い思いをすることになります。
短時間しか歩かない日にまず試し履きの気持ちで下ろしましょう!

 

サイズが合っていない

シークレットブーツはサイズ選びも重要です。

小さすぎると足が窮屈になって当然痛くなります。
かといって大きすぎると、シークレットブーツは中が傾斜になっているため、つま先の方に足が偏ってしまい痛みの原因になります。

大きすぎず小さすぎない、自分の足にフィットするサイズを購入することが大切です。

解決策は?

サイズが大きかった場合は、市販の中敷きを入れることで解決できます。
中敷きにもいろいろな種類や厚さがあるので、調節しやすいですし、クッション性のあるものを選べばむしろより快適に履くこともできます。

また、シークレットブーツ専門店arcanaltでは、サイズ交換が1回無料でできます!
通販で買うとサイズが合わないんじゃないかと心配な方も、サイズ交換を利用すれば安心です。

サイズ交換についての詳細はこちらをご覧ください。

 

足の疲れ

シークレットブーツは普通の靴とは違って、中に傾斜のあるインソールが入っています。
そのため、ちょうど女性の履いているヒールのように、つま先に体重がかかる形になってしまいます。

女性と違って、ヒールの靴を履かない男性にとっては少し戸惑う履き心地だと思います。
むしろヒールを履き慣れている女性だって、ヒールを履くと足が疲れますし、痛くなることもあります。

解決策は?

傾斜のある構造の靴を履いて足に負担がかかってしまうのは正直しかたがないことです。
長時間歩き回る日や、ずっと立っていなければならない日、足場の悪い場所に行く場合などは避けましょう。

また、足に負担をかけないように姿勢や歩き方を気にしたり、負担を軽減させるアイテムを使うこともできます。
詳しくはこちらの記事にまとめています。

⇒シークレットブーツを快適に履きたい!疲れない方法をご紹介

 

しっかり備えて快適なシークレットブーツライフを!

オシャレに我慢はつきもの。
ただ、あまりに体に負担が大きいと何も楽しめません。
そうならないために、シークレットブーツで足が痛くなるかもしれない原因、そして快適に履くためにはどうしたらいいかを知っておいてください!

シークレットブーツ専門店arcanalt

-シークレットブーツについて

© 2021 シークレットブーツ専門店 arcanalt