シークレットブーツについて

【革靴】の種類まとめました!

革靴を買う時、どんな種類があるのかわからないと選べないですよね。
革靴にはたくさんの種類があるのを知っていますか?

今回は革靴(シークレットシューズ)の種類をご紹介します。

arcanaltでは、代表的な種類の革靴を取り扱っています。
革靴種類のご紹介前に、革靴の基本からご説明します。

革靴には「内羽根」「外羽根」がある

革靴の靴紐タイプには「内羽根」と「外羽根」の2種類があります。
画像をご覧ください。

  • 左・・・内羽根(靴紐を通す穴が甲より前の部分に入り込んでいるタイプ)
  • 右・・・外羽根(靴紐を通す穴が甲の部分と合わさっておらず、甲の前の部分に乗っているタイプ)

です。

内羽根の方がフォーマルな場に合うということで、冠婚葬祭や就活などでお使いいただけます。
外羽根は内羽根よりもカジュアルなイメージがありますが、ビジネスシーンでもお使いただくことができます。
外羽根の場合は脱ぎ履きがしやすい特徴があります。

服装やTPOに合わせて使い分けてください。

それでは、一番ポピュラーな革靴の種類からご紹介していきます。

革靴の種類

1.ストレートチップ

『ストレートチップ』とは、甲部分に一文字の切り替えが入っているタイプの革靴です。
切り替えが入っていることで履きジワが目立ちにくいという特徴があります。

一番フォーマルでポピュラーな種類なのはストレートチップの内羽根タイプです。

革靴で何を買うか悩んでいるならまずストレートチップ内羽根タイプを買うことをおすすめします。
冠婚葬祭やビジネスシーン、どこでも使える万能タイプなので簡単に取り入れることができます。

ストレートチップであれば外羽根タイプでもフォーマルな場でもお使いいただけますので、内羽根、外羽根はお好みでお選びいただけます。

2.プレーントゥ

『プレーントゥ』とは甲やつま先部分に装飾やステッチがなにもないタイプの革靴です。

革靴の種類の中で一番シンプルなため、ストレートチップ次にフォーマルタイプと言われています。
シンプルがゆえに、フォルムや革によって印象がガラリと変わってしまいます。

プレーントゥを選ぶ際は、デザインや種類だけでなく革の種類にも気を使った方が良いかもしれません。

こちらのプレーントゥにも内羽根と外羽根があります。

プレーントゥの外羽根タイプはカジュアルでアクティブな印象がありますので、プライベートでも使うことが可能です。
「どんなシーンで使いたいか」に合わせて革靴を選ぶと良いと思います。

3.ウィングチップ

8cmUP ウィングチップ内羽根ビジネスシューズ(ID:084) 9.5cmUP ウィングチップ外羽根ビジネスシューズ(ID:066)

『ウィングチップ』とは甲の部分からつま先にかけてW字の切り替えが入っているタイプです。

装飾として穴飾りがついているタイプが多く、クラシカルな雰囲気をかもしだすことができます。

  • 左の画像・・・ウィングチップの内羽根タイプ
  • 右の画像・・・ウィングチップの外羽根タイプ

ストレートチップやプレーントゥと比べて、内羽根と外羽根で大きく印象は変わりません。

ウィングチップ自体がカジュアルよりに作られているので、内羽根でも外羽根でもカジュアルな雰囲気があります。

内羽根、外羽根よりもウィングチップは装飾によって雰囲気が大きく変わるのでお気に入りのデザインを選んでみてください。

4.Uチップ

画像:7cmUP ビジネスシューズ(ID:019)

『Uチップ』とは甲部分がU字に縫い付けられているタイプです。
U字に縫い付けられていることで、甲部分が幅広くとられているため、甲が広めの方に合っているかもしれません。

もちろんビジネスシーンでもお使いいただけますが、Uチップはカジュアルシーンでも使える万能タイプです。
スニーカーからUチップに変えるだけで、ドレッシーな雰囲気に変わる優れものです。

5.スワールモカ

画像:7cmUP ビジネスシューズ(ID:021)

『スワールモカ』とは甲部分からつま先にかけてステッチが流れているタイプ

カジュアルさが強いため、冠婚葬祭には向いていないデザインですが、こちらもUチップ同様ビジネスシーン、カジュアルシーンどちらもお使いいただけます。

最近は男性でもオフィスカジュアルで出勤している人が増えていますよね。
オフィスカジュアルといっても、社外の人と会うのでしっかりしたイメージを残したいという方に、スワールモカはおすすめの革靴です。

6.モンクストラップ

『モンクストラップ』とは甲部分がストラップでバックル留めとなっているデザインです。

シングルモンク、ダブルモンクどちらもビジネスシーンでお使いいただけますが、ダブルモンクの方がフォーマルと言われています。
ビジネスシューズの中でも靴紐タイプではないので、履きやすいという特徴があります。

靴紐タイプではありませんが、ビジネスシーンでも使えるようシックなつくりとなっています。

7.スリッポン

画像:8cmUP ビジネスシューズ(ID:006)

『スリッポン』とは、紐など何もついていないデザインの革靴です。

一番履きやすい革靴のため、愛用している人も多いのではないでしょうか。
こちらもビジネスシーンもカジュアルシーンも活用可能な万能タイプです。

arcanaltでは、スリッポンだけでなく、ローファーや金具のついているビットローファーも取り扱っています。
少しデザインが入るだけでもかなり印象が変わるので、お好みのデザインをお選びください。

大切な革靴をお手入れしましょう!!

革靴のお手入れ手順5

どんなにオシャレな革靴を履いていても、靴がヨレヨレだったり、汚ければカッコよく見えません
そのため、お手入れは念入りにしておきましょう。

特に、新調して初めて使用するという場合、防水スプレーを事前にしておくことで汚れが付きにくくなりますので、買ったばかりだから何もしなくて大丈夫というわけではありません。
防水スプレーと言えば水を弾いてくれるもの……というイメージが強いですが、実はホコリや汚れの付着も防止してくれるため、お手入れがしやすくなるので、試してみてください。

革靴を長持ちさせるためにしてほしいひと手間

履いた後のブラッシングです。
履くたびにブラシをかけるなんて面倒くさい!と思うかもしれませんが、毎日のひと手間でお気に入りの靴を長持ちさせることができますよ

革靴のお手入れ方法はこちらで詳しくお手入れ方法をご紹介しております(^^)/

お手入れ
大切なシューズを長く使うためには?革靴のお手入れ方法

革製の靴のお手入れ方法 ビジネスシーンでもよく使われている、男性なら1足は持っている革靴。 皆さんは、ちゃんとお手入れしていますか? 足元だから目立たないと思われがちですが、靴が汚れていたら清潔感皆無 ...

続きを見る

シーン・スタイルに合わせて革靴を

今回ご紹介したように、革靴でもたくさんの種類があります!

1つの革靴だけで何でも対応しようとせず、シーンとスタイルに合わせて革靴を選んでみるのも良いかもしれません。
足元はよく見られますので、服をどんなにオシャレにしても靴が汚いと台無しになってしまいます。

毎日履く革靴からシーンやスタイルに合わせてオシャレにしてみませんか?

今回ご紹介した革靴の種類の中に、arcanaltで取り扱っているシークレットシューズが含まれています。

是非、arcanaltで自分に合った革靴を見つけてください。

-シークレットブーツについて

© 2021 シークレットブーツ専門店 arcanalt Staff Blog