ファッション

オシャレ初心者が陥りやすい!メンズファッションの失敗コーデ

最近オシャレに目覚めた!という人や、ファッションを楽しみたいけどどうしたらいいか分からないというファッション初心者のメンズの皆さん。
オシャレなファッションを目指したいのに、なんだかカッコよく見えないということはありませんか?

ただやみくもにオシャレな服を着よう!という気持ちだけで突っ走ると、初心者さんは失敗してしまいがちです。

今回は、普段あまりオシャレに関心のない男性が陥りやすい、「こんな服装はNG!」というポイントを紹介したいと思います。
どんな服装がオシャレか?を考える前に、まずはやってはいけないコーディネートについて知っておきましょう!

 

NG例① 体型を隠すためのオーバーサイズはNG

ゆったりしたシルエットや、あえてワンサイズ上のダボっとした服を着こなすオーバーサイズ
もちろんオシャレに着こなせればポイントは高いのですが、覚えておいてほしいのが、「体のラインを隠したい」という理由でオーバーサイズを着ないこと!

太った体型の男性が体のサイズをごまかすためにオーバーサイズの洋服を選ぶことは、まったくの逆効果
もともと太っている人がダボっとした服を着ていたら、余計に太って見えるし、似合わないことがほとんどです。

 

太った体型はどうごまかせばいい?

では、太った体型が目立たないようにするにはどんな服を着たらいいのか?
答えは、適正サイズのジャケットを着ることです。

恰幅の良い男性でも、ジャケットを着ていたらシュッとして見えることがありませんか?

男性のジャケットは、体のラインを補整して見せてくれる効果があります。
本人が太っていても、自分の体のサイズに合ったジャケットをきちんと着れば、ウエストが締まって見えるのです。

 

ポイントはサイズを合わせること!

太った人がスタイルを良く見せるために特におすすめなのが、ベーシックな国産ブランドのジャケット
サイズ展開が豊富なので、試着さえすれば、体に合ったサイズを見つけやすいからです。
輸入ブランドのものや、S・M・Lといった大雑把なサイズ展開のカジュアルジャケットはピッタリくるサイズが見つかりにくいので、初心者さんは避けた方がいいでしょう。

また、お店で試着して選ぶことによって、サイズの補正をしてもらうこともできます。
太った人であっても、肩幅に合わせて選んだら意外とウエストがゆるい……なんてこともあったりするので、しっかり締まったウエストラインを作れるようにお直ししてもらいましょう。

また、太った人に限らずどんな体型の人にとっても、適正サイズのジャケットは欠点を隠してくれるマストアイテム。
なで肩の人や痩せすぎて悩んでいる人も、適正サイズのジャケットを着ることでお悩み解決してくれます。

 

NG例② カラーを詰め込みすぎるとダサくなる

オシャレな服を着ようと試行錯誤した結果、色を詰め込みすぎてしまってダサくなってしまうというのはよくある失敗例です。

着ているアイテム自体やサイズ感は全然問題ないのに、なぜかトータルコーデで見るとダサく見える……なんてことはありませんか?
そういう場合はだいたい着ている服の色の組み合わせが悪かったりするのです。

色の組み合わせがオシャレじゃなかったり、ビビットな色を何色も入れすぎて派手でうるさいイメージになってしまったり……。
オシャレ初心者さんは、無理に色を組み合わせすぎると失敗してしまうリスクが高まってしまいます

 

初心者さんはモノトーンでベーシックに

失敗しない色の組み合わせはやっぱりモノトーンです。
白、黒、グレーなどのベーシックなカラーで合わせれば、まず失敗することはありません。
子供っぽくなる危険性も低いので、色のコーディネートが不安だという人は、思い切ってシンプルなモノトーンの組み合わせにしちゃいましょう。

また、モノトーンだけでは寂しいという人や、地味で暗い感じになってしまったという場合は、モノトーン+カラー1色を心がけるといいです。

全身モノトーンコーデで、靴下やバッグなどの小物だけに明るいカラーを取り入れたり、カラーもののアイテムを1つ入れたらあとはモノトーンで揃えたり、このモノトーン+1色を意識するだけでぐっとオシャレ度が上がります。

 

NG例③ 誰もが陥るチェックシャツの罠

男性の定番アイテムと言えば、チェックシャツ
1枚で着たり、Tシャツの上から羽織として取り入れたりと、何かと男性のコーデに現れるチェックシャツですが、これは失敗率が非常に高いです

よく「チェックシャツ=工学部男子=ダサい」みたいなイメージを持たれがちですよね。
なぜなら、チェックシャツというのはオシャレに着こなすのが難しいアイテムだからです。

チェックシャツは、チェックの種類や大きさや色、ボトムスやインナーとの色合わせ、サイズ感、着丈のバランス、素材感など、コーディネートにおいて考えなければいけない要素が多すぎるんです。
そういったことを何も考えずにただチェックシャツを着てしまうと、それだけで「ダサい」のレッテルを貼られてしまいます。
つまり、チェックシャツはリスクが非常に高いのです。
オシャレ初心者さんは、手を出すのはやめておきましょう。

 

無地のシャツなら失敗しない

柄物や派手なシャツは難易度が高くて失敗しがちです。
シャツコーデにしたいのであれば、チェックではなく無地やワンポイントのシンプルなシャツを選びましょう。
無地であれば、色の組み合わせがおかしくない限りまず失敗しません。

変に柄にこだわるよりも、その分生地の質感(安っぽく見えたりペラペラなものはNG)にこだわったり、ちゃんと手入れしてシワがないようにキレイに着ることを心がけた方が何倍もオシャレに見えますよ!

また、無地のシャツは清潔感があって落ち着いた印象に見えるので、女性からも好感度が高いです。

 

失敗コーデを避けることがオシャレ男子への第一歩!

オシャレが苦手な初心者さんがいきなり難易度の高いコーディネートに挑戦するのは難しいですよね。
だからその前に、「これだけはやっちゃダメ」なポイントを覚えておくことが大切。

まずは「ダサい」から脱却して、それから「オシャレ」を目指していけばいいのです!

もちろんファッションは自由なので、「似合わなくてもこれが着たい」とか「ダサいと言われるけど自分は好き」という気持ちで好きな服を着ることも全然アリだと思います。
でも、それよりもとにかく「オシャレな人だと思われたい」「周りからダサイと言われたくない」という人は、まずはリスクを少しでも減らすことから始めましょう!

-ファッション

© 2021 シークレットブーツ専門店 arcanalt Staff Blog